男女

身体を内側から壊すウイルス

男女

エイズ患者は世界中に数多くいます。HIVウイルスに感染することで発症してしまうのですが、身体を内部から壊し、最悪命を奪ってしまいます。適切な治療のため、エイズ検査を受けることが大切です。

詳細を確認する...

患者数の多い性病

医者

クラミジアの患者数はとても多く、検査をしていない潜伏患者を含むとその数は膨大なものになるとも言われています。感染率も高いため、検査を行ない早急に治療を始めることが大切です。

詳細を確認する...

性病の危険性を知る

男女

性病検査を受けることで、自分が感染しているかを知ることができます。性病は伝染ってしまうため、不特定多数の人と避妊具を付けずに性的行為を行なっていると危険性が高まります。

詳細を確認する...

まずは専門医を受診

医者

世界中で問題となっている性病ですが、日本国内でも感染者が増加しています。10代~20代の若い世代を中心に被害は拡大しており、性行為の低年齢化が叫ばれている現代の闇が浮き彫りとなっています。性病は検査を行なうことで感染の有無を調べることができます。病院や保健所などで検査を受けることができ、保健所に関しては基本的に無料で検査をしてもらうことができるのです。性病の中でもクラミジアは特に患者数を増やしており、オーラルセックスでも感染してしまう間口の広さが被害の進行を後押しする結果となっています。また、HIVウイルスによって発症するエイズ患者も増加傾向にあります。性病は放っておくと二次的な病魔を引き寄せてしまうため、早急な治療が望ましいです。HIVウイルスは体内から排除することが難しいのですが、死のリスクが高いエイズの発症を防ぐ治療薬は開発されています。早めに検査をしておくことが、自分とパートナーの命の危険を回避する術と言えるでしょう。

性病は自覚症状がない場合も多いため、知らず誰かと肌を重ねることで感染を進めてしまいかねません。感染を防ぐためにも検査を受けることが大切です。最近では性病科を設置している医療機関や病院も増えています。保健所でも検査はできますが、治療は医療機関にお世話になる必要があるため、性病科を受診して検査を行なうと陽性だった場合に治療までがスムーズです。東京などの大都市では、特に感染拡大が懸念されています。そのため、性病科を率先して設置する取り組みがなされています。これからどんどん地方部でも導入が進むことが予想されますし、性病検査やエイズ検査に関しても積極的な呼びかけがなされていくでしょう。